猛禽マグと一緒におでかけ(釧路湿原 短時間ver)

こんにちは。maysho-torisuki(@may-sho)です。
Twitterリンクさせてみました(^^)

先日ひょんな事から、猛禽類医学研究所に少々お世話になることがありまして、私の微力で何か出来ることは
ないかな?と考えてました。

そう、いろいろと考えてはみましたが・・・。「書く」となると、なんだか支離滅裂になりそうなので、
手っ取り早くなんか買うょ!

という事で(笑)買い求めたのがこちら

THERMOS猛禽マグ

猛禽類医学研究所で販売されている商品

  • 真空断熱ケータイマグ
  • IRBJサポーターズバッジ
  • シマフクロウ・スポーツタオル

グッズの売り上げの一部は野生復帰が困難と判断されるオオワシやオジロワシ
の治療薬や餌の購入費に充てさせていただきます。

出典 猛禽類医学研究所

猛禽類医学研究所のオリジナルグッズカタログの一文を読んで購入を決意。
ごくごく僅かだけど、見慣れた猛禽さんたちのためになれるかな。

 

サーモス 魔法びんのパイオニア
サーモスの優れた断熱技術があらゆる分野で活躍します。企業情報、製品紹介、活用情報などをご紹介いたします。

猛禽マグと釧路湿原

岩保木水門と猛禽マグ

時間も無いなか、水門まで走って撮ってきたの。
もしかしたら、オオワシ君とかオジロワシ君とかいないかな~~なんて
淡い期待もあったけど、あえなく撃沈。

(水門なんだけど、エクステつけっぱで入らなくて、手前の橋だけ(笑))

水門にいたのは

追いかけっこするトビ

一羽佇むトビ

そしてハト

飛び交うカラスとトビ、それとハトさんだけでした。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
でも、声だけだったけどタンチョウさんもいたよ!
タンチョウさんの声を聞くと途端に元気になる私。神の声に聞こえるのよ。。(´∀`*)ウフフ

 

短時間だったけど、気持ちがスッキリして帰ってきました。

猛禽類医学研究所

猛禽類医学研究所
環境省より委託を受け希少猛禽類の救護および野生復帰訓練を行っています猛禽類医学研究所

 

猛禽類医学研究所代表の斎藤慶輔獣医師

 

【MIKIOジャーナル】石油メジャーを動かした獣医師
【MIKIOジャーナル】「湿原の獣医さん」~別れのサイン
【MIKIOジャーナル】一体だれが!? オオワシ不法投棄
【MIKIOジャーナル】シカとオオワシ 事故の連鎖どう防ぐ
【MIKIOジャーナル】ワシへの餌付けは許されるのか

動画を貼って考える。

オジロワシ、オオワシ、タンチョウさん達を撮る機会が増える冬。

事故、鉛中毒などでケガをしたり命を落としたりする鳥が一羽でも減ることを祈りつつ

撮影したい平成最後の冬です。

 

オリジナルグッズはこちらから

オリジナル・グッズショップ | 猛禽類医学研究所
環境省より委託を受け希少猛禽類の救護およ

 

 

コメント