コマドリさんに会いに行こう!

こんにちは。今回はですね、コマドリさんに会うことと夏鳥さんを満喫しようと早朝から出発です。
場所は、いつもの公園(笑)ここらじゃ野鳥スポットとして大人気になってます。
散歩してる方よりカメラマンに出会うことのほうが多くなってます。

さぁ出発しましょうね。

願えば叶う!コマドリさんに会うのだ

さて今回の目的はコマドリさんに会うことが第一。家の玄関をでるといつもいないハクセキレイが

頑張って!と来てくれてました。カメラは車に積んだあとだったので撮ってあげれなかったけど、応援されてる気がして嬉しい。よしっ

まどろっこしぃ?(笑)ですよね~。うふふ

木の上で囀るコマドリ

今季初のコマドリさん。

素早い動きで木の芽を啄んだコマドリさん

少し場所を変えて。見返り美人のコマドリさん。でもちょっぴり悲しげな表情。ごめんね

自分で撮ったコマドリさんの中で最高の出来だと思って撮ってたのに、バックがコゴミだった(笑)

本日の鳥さんたちは元気が良かったですね。ありとあらゆるところからコマドリさんの囀りが聞こえてきました。

でも、なかなか見つけられない・・ですよね?見つけられそうも無いんで黙って立って静かに囀りに耳を傾けていたらドンドン近づいてくるんですよ。鳴き声が!あらら・・どうしましょう。。どこかしら?

って思った瞬間に目の前のほんの僅か数メートルの至近距離のところで歌いだしてくれたんです!

腰が抜けるかと思うほどビックリしましたが、こっちも動いたら飛んでってしまいそうだし、あえて立ったまま息もせず、そ~っとカメラを構えて連射連射の雨あられ~~。

足はガクガク、シャッター押す指先は震えてて、ピントは甘かったxx鳥さん撮ってて震えたのはクマゲラさん以来のことです。

肉眼でもハッキリ確認できるほど近くにきてくれて、ありがとうコマドリさん。

思い込みが激しいけど、わざわざ目の前にやってきてくれて歌いにきてくれたとしか思えなかったの。

「助けて~どうにかして~」って歌ってたのかもしれないね。

なぜなら、すぐそばにはバズーカー部隊のような方たちがあなたを撮りにいらしてるんでね。。何時間もご苦労さまです。

高価な機材が並ぶ。倒れたら・・・と考えるとヒエ~~ッ

ここを通るのは、ちょっとコワイんですが通らなきゃ帰れないのよ。そ~っと足早に通り過ぎるのが私流。一声かけると良い人だったりするんでしょうけど威圧感ハンパないっす。

でもね、立ってる人を避けながら足早に去ろうとしたら、「ごめんなさいね~」って言ってくれた紳士がいらしてくれたんで、ほっとしました。極度の人見知りでスイマセン。

この後は、第一のミッションがクリア出来たので心も晴れやか足取りも軽く、夏鳥さんを探しに山の方へ向かいました。

初見ありのそれはそれは楽しい鳥見となりました。

長くなりますので、夏鳥パラダイスだったこのあとのことは別記事にて書きますね。

コメント