インコ好きが野鳥を撮り始めたきっかけ

インコ好きが野鳥を撮り始めたきっかけをいつか書こうと思っていましたが、
つい伸ばし伸ばしになっていたので今書きますね。
野鳥写真が多いブログなのに、突如にほいを嗅ぎたい・・・とか書いたりするので
初めていらしてくれた方は、なんだこの人?変な・・・・
と、思われないように説明しようと思います。今更遅いかもしれませんが(笑)

・物心ついた時から家にインコがいた

記憶を遡れば私が幼稚園に上がる前からセキセイインコが家にいました。祖父母が飼っていたのか両親が飼っていたのかは
今となっては不明ですが、数羽のセキセイインコがお友達でしたね。
雛が産まれれば粟玉をふやかして餌をあげ育て、無事に手乗りさんになってくれたらコテッコテッに遊んでました。
とりあえず匂いを嗅ぐのもここが原点。
一番好きな匂いは『濡れたコザクラインコ』こりゃたまらんです。むせ返ります(笑)
鼻炎になったこともあります。でも、くせになります。ホワ毛が鼻の中に入った事もあります。それでもヤメラレマセン。
今までの飼育した鳥さんは、セキセイインコ、ダルマインコ、コザクラインコ、オカメインコ、ヨウム
現在進行鳥は、オカメインコとヨウム 今年で5歳になります。

どーん お見苦しい手まで写っていて申し訳ない^^;

・突然野鳥に目覚める

私が勤めている職場は、比較的自然豊かな所にあるので巣から落ちたスズメさんの雛を救出したり、
朝礼中にビックリするような鳥さんが迷い込んできたりと、野鳥に触れる機会が多々ありました。
(野鳥飼育はしていませんが、一時期芸能人さんのスズメで問題になっていたので内容は割愛)

だけれども、玄関先に現れる鳥さんの名前も分からず、私って本当に鳥好きなのかな?と疑問を抱くようになりました。
仕事中にネットで検索することも増えて(笑) 今でもそうですが・・・。

自分が現在飼ってる鳥が地味な色合いの鳥なので、野鳥のカラフルさに目を奪われた事も野鳥に目覚めたポイントかもしれません。

・野鳥撮りに目覚める

住んでいる所が釧路なので身近な野鳥といえばタンチョウ。ちょっと次元が違いますが(笑)
写真とかカメラが趣味という訳ではなかったのですが、冬になると無性にタンチョウさんに会いたくなるんですよコレが。
身近なんだけど、道路脇とか飛んでいるのを見かけると「あ~~っ!鶴だよっ~~!」って叫びたくなるんですよね。。
カラスとは訳が違います。

そうして膨大なネットの中で「野鳥ブログ」を徘徊している中、突然に自分でもこんなふうに綺麗に撮ってみたい!(上の画像の事ではございません)
そう思うようになったんです。
機材をアレコレ悩み迷走して結局、清水の舞台から飛び降りて今に至っています。
(機材については、また後日)

・迷走を経て『生きてる証の記念撮影』

カメラもレンズも新調して、意気揚々と撮り始めましたが最初から上手く行く筈がないですよね。
ブレブレだったり真っ黒で何撮ったかさえも分からなかったり。それでも楽しかった♪
でも、そのうち何のために撮ってるのかわからなくなって、野鳥ってPokemon GO?みたい?
ブログで報告するため?ランキング?(笑) なんだか野鳥の撮影が楽しくなくなってきた・・・
え?違う違うそうじゃそうじゃな~い!
危うく惑わされるところでした。
インコ話に戻りますが、鳥さんに限らず生き物を飼ってると必ずと言っても過言ではない「死」と向き合わなくてはなりません。
何羽もお別れを経験してきましたが、あまり写真って撮ってないんですよね。。

取っておいてる抜けた羽を見ながら涙にくれる日を思い出し、
『そうだ!この子がこの世に生きてる(た)証』を撮ろう。会えた記念撮影をしよう。
ここに至るまで、何度も「何のために撮ってるのか?」が頭の中にグルグルとありましたが、
やっとここで、これが自分が撮りたかった事だったんだなぁ~と実感。
あとは思うまま撮ってるだけです。技術やqualityは考えなくなりました^^

・終わりに

長々とかいてしまいましたが、如何だったでしょうか。『鳥好き』『インコ好き』から始まって『野鳥好き』まできた経路。
野鳥ジャンルはいろいろな型がいらっしゃいますが、『インコ好き』からの派生はあまり見受けられなかったので書いてみました。
決して、インコ好きなら野鳥も!なんて強制じみた事を言いたい訳では無いので誤解されないようお願い申し上げます。
・・・・・
たま~にグダグダと書いてたりしてた時もありますが、やっと考えがまとまった気がするので大量の文字で書いてみました。
でも、ここまで書いて、まとまらない文章と結局何が言いたいの?みたいな自分の文才の無さに泣きそうですが
最後まで読んで下さって、本当にありがとうございました。

 

※2018年7月追記
引っ越しに伴って画像に入れてある透かしの名前がコロコロと変わっていますが全て私同一人物です。
URLも今のサイトでは無く全く違う所もありますが、それもまた私です。
名前の変遷 may(yahoo時代)→ may-sho(FC2時代)→maysho-torisuki(WordPress)となりました

コメント

  1. 昔から鳥さんとの生活があったのですね。羨ましいなぁ~
    私の野鳥撮影のキッカケはタンチョウです。
    でもタンチョウ撮影の場所で撮影者同士が殺伐としていて
    その雰囲気が嫌になったので他の鳥を探しに出かけて
    出会ったのがシマエナガとヤマゲラでした。
    意外な場所にこんなにも鳥がいると知ってからハマりました。
    機材が高額だし最近はガソリンも高いので遠くに行けず…
    私の場合は趣味といえるレベルではないけど自分のペースで
    野鳥撮影を続けられたらいいですね~
    拍手ぽち★

  2. コメントありがとうございます。
    野鳥に興味が湧いて、森林に行った時に
    籠の鳥ばかり見ていた私は、外にこんなにも鳥さんが居るんだーと感動しました。
    釧路ってタンチョウさん以外何もいない所って決めつけてましたからね・・・。おバカな私です。
    今となっては、ここに住んでて良かったって思ってます~。
    マイペースで野鳥撮影楽しみましょうね♪